スタッフブログ

苦手な家事もラクラクに!
動線からつくるリノベーション

 

こんにちは。

みなさんは苦手な家事ってありますか?

私は、洗濯が苦手です…

洗濯するという言葉の中には、「仕分ける」「洗う」「干す」「取り込んでたたむ」「収納する」といった工程が隠れており、手間の多さから私のように洗濯はちょっと苦手…という方も多いのではないでしょうか。

そこで、我が家は玄関横の空き部屋を「ファミリークローゼット」へと変えてみました。

洗濯ものを「取り込んでたたむ」「収納」するという工程が「ファミリークローゼット」内で完結するので、家事の負担は減ったように感じています。

PanasonicリフォームClubの「暮らしのヒント集」でも取り上げられていますので、ご紹介させていただきますね。

 

ファミリークローゼットとは

そもそもファミリークローゼットとは、家族の洋服や服飾雑貨を1つにまとめて収納する方法です。

見える収納なので、「しまう」という動作が少なく、また、家族それぞれの部屋に洗濯ものや荷物を運ぶ必要がないので、動線の短縮になります。

我が家はアイロン台兼作業台をお部屋の中に設置したので、立ったまま洗濯ものをたためるようになり、身体の負担も軽減したように思います。

洗濯ものをとりこんで「ファミリークローゼット」に入れて作業することで、急な来客時も慌てなくて済むようになりました。

リノベーションやリフォームで洗面脱衣所の隣に合った空間にファミリークローゼットをつくると、朝の身支度や帰宅時や入浴後の着替えがスムーズになります。

洗濯したものを一度に収納できるので、家事の負担もぐーんと減りますよ。

 

ファミリークローゼットの収納は「アイシェルフ」が便利

ファミリークローゼットをつくってみようとお考えの方におすすめなのが、PanasonicリフォームClubの「アイシェルフ」です。

パーツを組み合わせてつくる収納棚ですので、スペースと物の量によって棚の高さや位置、収納方法を自在に変えることができます。

また、玄関スペースに雨用のものや、ペット用のもの・運動するもの等を入れる収納棚や、ランドリースペースにタオルやアイロンがけスペースをつくることも可能です。

 

天井には「干し姫サマ」で室内干し設備を

さらに、ファミリークローゼットの天井には、必要な時にだけ物干し竿が引き出せるPanasonicリフォームClubの「干し姫サマ」が活躍してくれそうです。

外に干したくないものを干すときにも便利ですし、雨天はもちろん花粉の時期にもぴったりですよね。

 

動線からつくるリノベーション

家事の負担自体はなかなか軽減されることはありませんが、暮らしの動線を見直すことでぐっとラクになることもあります。

1日何十回も階段の上り下りをしなければならなかったことが、数回に減っただけで時間も気持ちも身体にも余裕が生まれそうですよね。

リフォームやリノベーションをご検討中の方は、家事動線から考えてみてもいいかもしれません。

 

おうちで過ごす時間が増えている今、もっと快適になる家づくりを家族みんなで話し合ってみませんか?

プロへのご相談はお気軽に、PanasonicリフォームClub 弘木屋産業株式会社 デュオ店(2F)までお越し下さいませ。

ご相談はこちらから
0120-933-916 0120-933-916
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る