スタッフブログ

【伊東・伊豆高原・熱海】中古物件購入前にはホームインスペクションの確認を。

こんにちは。

前回、中古物件のリフォームにかかる費用と期間について少しお話させていただきました。

【伊東・伊豆高原・熱海】中古物件のリフォームにかかる費用と日数は?

今回は、中古物件をこれからご購入する、今実際に内見に行っている方にぜひ知っておいて欲しい情報をお話させていただきます。

 

ホームインスペクションの義務化

ホームインスペクションについて中古物件を購入する際、宅建業者は買主に対し、ホームインスペクションについて伝えることが義務化されました。

【宅地建物取引業法の一部を改正する法律(平成30年4月1日施行)】
宅建業者は、重要事項説明として下記の事項を説明しなくてはいけません。

① 建物状況調査を実施しているかどうか
② 実施している場合における建物状況調査の結果の概要
③ 設計図書等の建物の建築・維持保全の状況に関する書類の保存の状況(売買・交換のみ)

 

ホームインスペクションとは、建物の健康診断と考えていただくとわかりやすいかもしれません。

プロが建物の床や屋根、外壁等100項目以上の点検をし、不具合箇所等を記したものです。

宅建業者は売主と媒介契約を締結した際、インスペクション業者のあっせんの可否を示し、売主の意向に応じてあっせんします。

ホームインスペクション

このように、売買時に建物価値を高める目的でインスペクションを実施している場合もありますが、インスペクションを実施していないことを知った買主が安心のために実費で行う場合があります。

購入した家にシロアリ被害が出たり、内部結露で基礎に欠損があったら嫌ですもんね。

ホームインスペクションをしているのかどうか、を提示してもらうことは大変大切な事項ですので、必ず確認していただくことをお願いしております。

 

リフォームとホームインスペクション

インスペクションブログホームインスペクションの結果があれば、購入後のトラブルを回避できるだけでなく、リフォームすることを前提で中古物件を購入する際に役立ちます。

どこにどんなリフォームが必要なのかがわかるだけでなく、リノベーションの計画に活用できます。

マンションの共有部と専有部

特にマンションは、共有部分と専有部分のうち、専有部分しかリフォームできません。

共有部分の不具合があった場合、個人では修繕が難しくなってしまう為、事前に情報を得ておくことがとても大切になるんですね。

 

さいごに

この1、2年で伊豆に移住してくださる方がとても増え、リフォームのお問合せも多くいただいております。

今回のこの情報が、別荘や中古戸建、リゾートマンションといった既存住宅をご購入される際のご参考になればうれしいです。

移住について、リフォームについて、補助金についてのお問合せもお待ちしております。

お気軽にお問合せくださいませ。

ご相談はこちらから
0120-933-916 0120-933-916
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る