施工例紹介

伊豆高原
お風呂リフォーム N様邸

タイルの目地のおそうじとさよなら!
おそうじラクラク&冬場の寒さも軽減
快適バスルームへ~

今回は、伊豆高原にお住まいのN様邸のバスルームのリフォームをご紹介します。

築25年以上が経ち、タイル在来工法のお風呂の傷みや、

タイルの目地のおそうじ、冬場の寒さにお困りでした。

床の状態が悪い箇所があるため、なるべく早めの対応をご希望でした。

今回、パナソニックのシステムバスをセレクトされました。

 

  • AFTER
    パナソニックのFZシリーズのバスルームです。
    約1坪サイズのコンパクトなバスルームですが、
    シンプルな分、おそうじはとってもラクですし、
    冬場の寒さもかなり軽減できました。

    壁のアクセントパネルの柄は、”パラレルベージュ”。
    床も”ミディアムベージュ”にし、統一感を持たせました。

    ドアは画材周りのパッキンをなくした、”スキットドア”の
    2枚折りドアをご採用。
    カビが生えにくく、また、ドア上部に換気口があるため、
    汚れが固着しにくく、
    浴室全体を換気する空気の流れができて
    通気性もアップします。

    BEFORE
    洗い場の床は冬場はひんやりとし、
    タイルの目地のおそうじは手間がかかり、
    お困りでした。
  • AFTER
    ドアはスキットドアで開閉もスムーズに。

    浴槽はなめらかなS字のカーブを描き、フチの部分は握りやすい形状です。
    足元側にベンチがあり、半身浴や親子での入浴も楽しめる
    ”エスライン浴槽”をご採用頂きました。
    BEFORE
    ドアの建付けが悪くなってきており、
    開閉しづらくお困りでした。
  • AFTER
    天井も、壁も溝のないフラットな形状なので、
    おそうじの負担はかなり少なくなりました。
    毎日使う場所ですから、キレイが続くのはうれしいですね。
    BEFORE
    天井とタイルの壁の継ぎ目に
    カビが生えやすく、
    天井には溝があり、
    おそうじに手間がかかっていました。
画像クリックで拡大します
ページトップへ戻る