施工例紹介

伊豆高原
トイレリフォーム H様邸

1階と2階それぞれ違った雰囲気のトイレ空間に。
お悩みが解消した上オシャレ度が格段にアップ!

今回は、伊東市にお住まいのH様邸の1階と2階のトイレのリフォームをお届けします。

H様邸は築6年のお宅で、まだキレイなトイレだったのですが、洗浄音の大きさと、がんこな水アカ汚れ(さぼったリング)が気になっていて、リフォームを決断されました。

また、せっかくのリフォームなので、お好みのお色を選んで、オシャレなトイレにしたいとのご要望でした。

そんなH様には、自信を持ってパナソニックの最新全自動おそうじトイレ、”アラウーノL150シリーズ”をオススメさせて頂きました。

洗浄音は従来と比べかなり軽減されましたし、アラウーノは陶器ではなく、有機ガラス系新素材の便器なので、汚れや水アカがつきにくくキレイが長続きします。

お好みの便フタカラーを選べるのは、”アラウーノL150シリーズ”ならではです。

※アラウーノL150シリーズについてもっと詳しくお知りになりたい方は、下の動画をご覧下さい。(視聴時間は4分です)

  • AFTER
    こちらは1階のトイレです。
    パナソニックの最新のトイレ、”アラウーノL150シリーズ”をご採用頂きました。

    メインで使用するのが男性ということで、便フタのカラーは「ミッドナイトブルー」をセレクトされました。
    床もダークなウッド調のクッションフロアですので、都会的な大人のトイレ空間に仕上がりました。

    床は元々の床と同じに見えますが、便器を交換する際給水の切り回しのため、古いものを取り外し、同じもので張り替えました。
    こちらは抗菌加工が施されたサンゲツ様の”クラフトウッド”です。

    アラウーノL150シリーズは、少ない水量(小3,6L、大4,8L)で効率良く流すので、洗浄音は従来に比べ、気になりにくい音量になりました。
    音量のレベル、㏈の数値は55㏈。これは、通常の話し声くらいのレベルです。
    BEFORE
    以前のトイレはキレイな状態ではありましたが、おそうじしてもとれない水アカ汚れ(さぼったリング)があり、お悩みでした。
    また、洗浄音が大きくとても気になっていました。
  • AFTER
    こちらは2階のトイレです。
    こちらも同じく”アラウーノL150シリーズ”です。

    便フタカラーは、銅(アカガネ)をセレクトされました。
    古来より人々と深い結びつきを持つ銅の柔らかな色彩と光沢を再現しました。
    流れるようなフォルムは空間に溶け込み、また、光の種類、角度で表情を変える深みのあるお色です。

    メインで使用するのが女性とのことで、優しく落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
    BEFORE
    こちらもまだキレイな状態でしたが、床の雰囲気も一緒に変えたいというご要望もありました。
  • AFTER
    ”アラウーノL150シリーズ”は、スティック状のオシャレなリモコンで、インテリア性もアップ。
    (アプリ対応なしの場合、従来のフラットタイプのリモコンです)
    リモコンの下地のウッドパネル、実はDIY好きのH様がチーク材から制作したオリジナルです。
    アカガネ色の便フタとの相性もバッチリですね。

    床は1階同様、サンゲツ様のクッションフロア”シャビ―アッシュ”に張り替えました。

    居心地の良い、とてもリラックスできるトイレ空間に仕上がりました。
    BEFORE

    施工事例案内ボタン


    施工事例案内ボタン

ページトップへ戻る