施工例紹介

NEW

伊東市
お風呂リフォーム S様邸

寒い季節のその前に
快適なお風呂にリフォーム完了!

今回は、伊東市川奈にお住まいのS様のお風呂リフォームについてお伝え致します。当初は、ちょうどお風呂のリフォームを考え始めたS様が、お買い物がてら当店の前を通りすがった時に、当店のお風呂リフォームパックのパネルをご覧になってお立ち寄りになられたのがきっかけでした。増税前、また寒い季節を迎える前に、お風呂をリフォームしたいというご要望でした。

  • AFTER
    パナソニックの”FZシリーズ”をご採用頂きました。浴槽は足元側のベンチで半身浴も楽しめ、その分体積が小さくなり節水にもなるエスライン浴槽です。満水時で280リットル、7割程度で180リットル入る大きさです。汚れも落としやすく、おそうじもとってもラクなんです。壁はモザイク硝子ブルー柄をアクセントカラーにし、爽やかな清潔感を演出しています。一日の疲れをしっかりと癒してくれそうですね。給湯器はオートタイプのものを新たに設置させて頂きました。
    BEFORE
    黒い浴槽でしたので、どうしても水アカ汚れが目立ってしまいます。力をこめてゴシゴシこすらなければならず、おそうじはかなりの重労働でした。こちらの出窓の下の部分には、外観からはわかりませんが、スチーム風呂用の装置や、太陽光発電の装置などが収められており、今回のリフォームでそちらは不要となるため撤去処分させて頂きました。
  • AFTER
    床は、パナソニック独自のスミピカフロアです。床のスミが立ち上げ式でシーリング材が上にあり、コーナー部分に目地がないので、汚れがたまりにくくおそうじがしやすいと評判です。また、表面は細かい凹凸を施し、滑りにくさと乾きやすさを両立しています。床のカラーはミディアムグレーをセレクトされました。また排水時やお湯を張る時の方法は、以前はヒートン栓でしたが、ワンタッチのポップアップ水栓となり、とっても便利になったとS様にも喜んで頂きました。
    BEFORE
    壁はグレーを基調としているので、全体的に暗い印象でした。壁の継ぎ目やドアのパッキン部分などにカビが生えやすく、おそうじが面倒でした。
  • AFTER
    防水をしっかりとするため、外壁塗装をしてから無塗装のモールを塗りました。その際、ガラスビートと呼ばれるガラスをサッシに固定する部材も新しいものに交換しました。
    BEFORE
    以前のお風呂からリフォームする際に、床の位置を高くする必要があり、そのため既存の窓も上方に移動することになりました。
画像クリックで拡大します
ページトップへ戻る